2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.03 (Sun)

iModela 防塵カバー製作

最近はレジンブロックをメインに切削しているのですが、歯間ブラシクリーナーだけではX軸の固着を防げない今日この頃...
今回はX軸とZ軸基板の防塵カバー製作のまとめです。

カバー製作に使用した材料はダイソーまな板シート(PP製 380x305x0.6 二枚入)
PP板を買うよりお買い得&切断、曲げ加工が容易なのでお勧めです。
(端材はポリパテ練ったり、パレットとして使えます)
IMG_2676.jpg IMG_2657.jpg

ビットの開口部からの切削粉対策に隙間テープを貼っています。
Z軸ユニットと軽く触れる程度の位置がちょうどいい具合。
IMG_2662.jpg IMG_2663.jpg

X軸カバーを取り付けた状態。
これでX軸固着も防げるはず!
IMG_2666.jpg IMG_2668.jpg

iModelaの外装カバーを取り付けた状態でも干渉なし。
マジックテープで固定してるので着脱も容易です。
IMG_2674.jpg IMG_2675.jpg

次にZ軸基板の対策です。
プリント基板を切削中に切削粉でショートする可能性があるので「WINSTAR PCB」付属の防塵シートを張っていますが、念には念を入れるということでZ軸基板カバーを製作しました。

材料はX軸カバー製作時のPP板端材と隙間テープ。
カバーはZ軸基板とZ軸ユニットとの間(矢印部分)に固定しています。
IMG_2636.jpg IMG_2637.jpg

実際に取り付けた状態。
これで下からの切削粉侵入を抑えられるかしら?
IMG_2638.jpg IMG_2639.jpg

X軸カバーのお陰で今のところX軸固着はなくなりましたが幾つか弊害も。
・ビットのファンが取り付けられない。(開口部を拡張すれば大丈夫ですが粉塵侵入が増)
・Z軸の切削範囲が若干狭くなる。

とは言え、X軸固着が無くなったのはありがたいですね。
スポンサーサイト
18:48  |  iModela  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitalab.blog63.fc2.com/tb.php/36-dd232912

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

最近はレジンブロックをメインに切削しているのですが、歯間ブラシクリーナーだけではX軸の固着を防げない
2012/11/21(水) 08:55:59 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。