2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.24 (Sun)

真空脱泡はじめました その1

冷やし中華始めましたなノリですが、程度の良い真空ポンプが手に入ったので
念願の真空脱泡機を自作してみました。

構成は真空ポンプ + デシケータ(アルミ寸胴鍋)
IMG_2766.jpg

ボークスのクリアレジンで試してみた結果ですが左から順に
 ・予備脱泡なし + 常圧
 ・予備脱泡あり + 常圧
 ・予備脱泡あり + 真空

IMG_2781.jpg

・予備脱泡なし + 常圧
私のやり方にも原因があると思いますが、これはひどい...
IMG_2774.jpg

・予備脱泡あり + 常圧
予備脱泡をすると常圧でも気泡はほとんどないです。
流し方にも気を使えばもう少し減らせるかも。
IMG_2776.jpg

・予備脱泡あり + 真空
目視で確認できる気泡はなしです。 真空脱泡恐ろしい子...
IMG_2778.jpg


レジンとは別に私はポリパテをメインに使用しているのですが
主剤と硬化剤を混ぜる際にどうしても気泡を含んでしまいます。
(混ぜ方である程度は軽減できますが完全に消すのは難しい)
残った気泡が削ったり、表面処理をしてると突然現れることも...
この気泡が場所によっては凄く厄介なのですよね(;´д`)

そこでポリパテの気泡をどの程度低減できるか試してみた。
ポリパテのみでは粘度が高いのでスチレンモノマーを10~20%の割合で
添加してみましたが、どれも気泡は確認できませんでした。
スチレンモノマーの割合が増えると硬化時間が延びる&脆くなるので10%で大丈夫かしら?
IMG_2783.jpg IMG_2782.jpg

私はポリパテブロックから削りだすので、気泡なしのポリパテブロックは
後工程の処理が少なくて助かりますね。

おまけ(失敗例)
スチレンモノマーなし&減圧・常圧のタイミングを失敗すると美味しそうなチーズの
できあがりです。 おお、酷い酷い。
IMG_2786.jpg


真空脱泡機の詳細な製作過程等はまた後ほど。
スポンサーサイト
00:35  |  技術・技法  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。